Home » 悠久の歴史を感じるカザフスタン旅行

悠久の歴史を感じるカザフスタン旅行

top

普通の旅では物足りないという旅行好きの方におすすめなのがカザフスタンです。日本では中央アジアの諸国というのは、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、カザフスタンは面積が実に日本の約7倍以上という大変大きな国です。
北にロシア、東に中国、西側にはヨーロッパ諸国という、まさにユーラシア大陸のど真ん中に位置する国なのです。また内陸部に位置しているものの、カスピ海とアラル海に面しています。この広い面積に比して人口は、約1640万人ほどです。これは日本の人口の約7分の1ほどということになります。

広い国土のほとんどが砂漠やステップ気候なので、人口の大半が都市部に集中しています。また、多民族国家というのも特徴的です。現在は人口の半分以上がカザフ人で占められていますが、他にもロシア系やウイグル系、朝鮮系の人々もいます。これは国の位置や、複雑で長い歴史によるところが大きいです。

公用語はカザフ語とロシア語ですが、比較的通じやすいのがロシア語です。宗教は大半の人がイスラム教を信仰しています。イスラム教徒の巡礼地の一つであり、世界遺産にも登録されているホジャ・アフメッド・ヤサヴィー廟など、宗教的な見どころのも多くあります。

また、アリストテレスらの歴史書にも、この地域の民族について記されており、古くはシルクロード交易のオアシスとして繁栄しました。その後モンゴル帝国に制服されるなど、この地に様々な国が作られては消え、18世紀に入ってからはロシア帝国に属しました。

ロシア革命など様々な変遷を経て、1936年にカザフ・ソビエト社会主義共和国が樹立されました。現在のカザフスタン共和国として独立したのは、ソビエト連邦崩壊後の1991年12月16日です。このように長い複雑な歴史も、観光の見どころの一つと言えます。たとえ観光であっても、入国前にビザを取得する必要があるので注意して下さい。

また、入国後5日以内に、滞在登録を済ませなければいけません。空路で入国する場合は、一般的には空港で行います。日本からの直行便はないので、北京やソウルを経由することになり、所要時間は約10時間ほどです。冬はマイナス10度位まで下がるので、旅行のベストシーズンは夏季です。

もちろん、カザフスタンに広がる大自然や、中央アジア特有の食文化も楽しめます。

画像参照元:kjfnjy

ハワイ ホテル | グアム ホテル | シンガポール ホテル